2018年03月31日

敷地内の桜&お餅つき

3月28日(水)

今年も各所で桜が開花しました
ヘルス・ケアマンションの敷地内でも、桜をはじめ
色々な植物が見ごろとなる季節です。
P1500054.JPG
P1500069.JPG
正門から入った通り(メイン通り)の桜(染井吉野)
気温も穏やかになり、お散歩がますます楽しくなり
ますね
P1500072.JPG
B棟入口への通りの桜(染井吉野)
P1500075.JPG
テニスコート脇の枝垂桜です。
時折、風で花びらがひらひらと舞う様を
しばらく見入ってしまいました

また、豊寿園の庭側にある「枝垂れ桃」も太陽を
浴びて満開になっていました。
P1500064.JPGP1500065.JPG

P1500068.JPG

熱川桜(左)やハーデンベルギア(小町藤)(右)は
メイン通りの柵沿いに咲いていました。⇩ ⇩
P1500061.JPGP1500059.JPG

これからも、椿やつつじが咲いたり、季節毎の花々が
咲くのがとても楽しみです。
館内にも、一年中、鉢植えを中心とした植物が
飾られます。今は、テッセン(鉄線)の花/クレマチス
が窓辺できれいに咲いています。
P1500079.JPG

          

3月30日(金)
当マンションでは、毎年2回「餅つき」を行います。
お正月の「餅つき」と桜の季節の「餅つき」です。
桜を見ながら食べるお餅はまた格別ですね
今年は全国的に桜の開花が早かったため、
イベントも、少し早めて行いました。
CIMG3469.JPG
玄関先で勢いよくお餅つきの開始です。
重い杵を、お客様にも参加頂き、交代でつきました。
ついたお餅は、なるべく暖かいうちに食べて頂ける様に
入居者の皆様にお配りして、春を満喫していただきました。
CIMG3461.JPG
CIMG3463.JPG
春の餅つきは、よもぎ餅にあんをかけたお餅です。
お花見をしながら食べて頂けるように、
駐車場スペースにも椅子とテーブルを用意しました。
CIMG3458.JPG
つきたてのよもぎ餅はとても柔らかくて美味しかったと
大変ご好評でした。

posted by 伊豆ヘルス・ケア at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

大室山 山焼き

2月25日(日)

今年の大室山山焼きは、2月11日(日)に
予定されていました。
大体毎年の事ですが、今年も山に残った雪が溶けず、
1度、2度、と順延され、3度目の正直とばかりに
25日の日曜日に決行となりました。

冷たい風が吹いていたので、風速や風向きが少し
心配でしたが、ちょうど12時に煙が見え始め、
着火からおよそ15分で、黄金色だった山がみるみる
燃えて黒山になりました。訪れていた多くの観光客も
その厳かな様にしばらく見入っていました。

IMG_0138.JPG
      ⇩    ⇩    ⇩
IMG_0144.JPG
      ⇩    ⇩    ⇩
IMG_0150.JPG

順延の影響があまりないのか、周辺の駐車場も道路も
とても混んでいて、帰りは、駐車場から出た途端に
10分以上全く進まなくなりました。
後でわかったのですが、近くに飛び火🔥して小さな
火事が起きていたため、通行止めだったそうです。

大室山は、富士山と姉妹の山という言伝えがあり、
その内容も色々あるようです。
大筋では、美しい妹のコノハナサクヤヒメと、
あまり器量の良くない姉のイワナガヒメが、
ニニギノミコト(天照大神の孫)に姉妹揃って
嫁いだところ、妹のサクヤヒメばかりを可愛がり、
イワナガヒメを父親の下に帰してしまいます。
そのことで姉妹は仲たがいをしてしまいますが、
すでにニニギノミコトの子を身ごもっていた
イワナガヒメは、父親が立てた大室山の産小屋で
無事に3人の子供を出産しました。このため、
大室山の神社は安産の神様としても知られています。

コノハナサクヤヒメは総本山の富士山山頂をはじめ、
全国に多々ある浅間神社の祭神となっています。
大室山の様に同じ浅間神社であって、イワナガヒメを
祭神とする神社は全国でもとても珍しい様です。

二つの山の形は似ていますが、大きさはまるで違います。
妹の富士山(サクヤヒメ)は、姉を探すように高く大きくなり
姉の大室山(イワナガヒメ)は妹から隠れるように小さく
なったためだとも言われています。
「大室山に登って富士山の綺麗さを褒めると祟られる」とまで
聞きますが、個人的には大室山の丸みを帯びた可愛らしさが
どんな山よりも魅力的だと思ってしまいます🎶
                 (地元愛

本日は、13時からのランチなので、実は
とてもお腹が空きました
大室山から近い場所にある、ホテルアンビエントで
待望のランチです

メニューから、それぞれお好みのランチを注文。
IMG_0153.JPG
お肉がジューシーなハンバーグステーキです。

IMG_0152.JPG
カルボナーラ(パスタ) パンセット

IMG_0154.JPG
色々楽しめる 彩り弁当

キャプチャNM,.JPGキャプチャEDGJ.JPG
海鮮丼         クラブサンド
どのメニューもとても美味しかったです

ランチの営業時間があまりなかったので、
今度はコーヒーブレイクができるお店に
移動しました
高原正面-400x320.jpg
     備屋珈琲店(ビンヤコーヒーテン)外観
一人一人違うカップでオリジナルコーヒーを
出してくれます。
hotcoffee-150x140.jpgstewedbeef-150x140.jpgstewed_poke-150x140.jpg
備屋シチュー物語り とあるように、シチューは
4種類のメニューがあり、かなり評判がいいそうです。
一度お腹を空かせて2種類くらい食べてみたいです
もちろんデザートや、他のお食事も充実しています。
ぜひ備屋珈琲店ホームページをご覧ください。

伊豆高原のイベントだったので、帰りも30分強で
マンションに到着しました。
山焼きを近くで見ることが出来て良かったです。

余談ですが、山焼き直後の太陽が煙に覆われて
赤くなっていました。写真が撮れたのでアップします。
(ちょっと見にくいかも知れませんが...)
VB.JPG

posted by 伊豆ヘルス・ケア at 13:09| イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

熱海 起雲閣見学&ステーキランチ

1月26日(金)
毎日、厳しい寒さが続いていますね。
上空にも大寒波が広がっているようですが、
マンション内では、温水を利用した床暖房が全館に
完備されているため、お部屋の中は常に暖かく、
つい、薄着で外出してしまいそうになります。

今年は特にインフルエンザが流行しているそうなので、
暖かい服装、マスクの着用、外出後の手洗いうがいを
入念に心掛けたいと思います。



今回のイベントは、熱海にある「起雲閣」という
市指定の有形文化財の見学です。昼食は、
同じ熱海で美味しいと評判のステーキランチを
頂きました。
まずは、評判のステーキランチから

「ステーキハウスはまだ」さんです。
yjimageeuk.jpgIMG_0084.JPG
国道に近いけれど、閑静な場所にあり、
テーブルの奥に見える中庭も、落ち着いた雰囲気でした。
IMG_0088.JPG
テーブル席と座敷席の二か所に分かれ、シェフが一人ずつ
ついて、目の前で次々と料理してくれました。

IMG_0085.JPGIMG_0086.JPG
前菜(ホタテ貝柱と生ハムチーズ)とサラダです。

IMG_0089.JPGIMG_0092.JPG
焼きほたて        ヒレステーキ
この他、さつま芋の入った野菜焼き付き。

IMG_0093.JPGIMG_0094.JPG
ご飯とお味噌汁(ガーリックライスに変更可)
デザートはフルーツとバニラアイス
お肉も柔らかく、最後まで美味しくいただきました。




近くで桜が満開になっている場所があると聞き、
食後のお散歩がてら向かってみました。
IMG_0098.JPG
IMG_0104.JPG
本当に、ほぼ満開に近い桜でした。「熱海さくら」
だと聞きましたが、早咲きなんですね

そして「起雲閣」です。
起雲閣は、1919(大正8)年に当時海運王と呼ばれた
内田信也の別荘(実母の静養が目的)として建築され
岩崎別荘、住友別荘とならび「熱海の三大別荘」と
称賛された名邸。
kiunkaku1.jpg
79_map_inst_pic1.jpgkiunkaku6.jpg

1947(昭和22)年に旅館として生まれ変わると、
山本有三、志賀直哉、太宰治などの文豪たちが多く訪れ、
執筆にも利用していたとの事。
それぞれが愛用していた部屋には、関係書物などが
置いてありました。
IMG_0108.JPGIMG_0110.JPG

IMG_0111.JPGIMG_0119.JPG
ローマ風浴室      女性用大風呂
他にも展示室や、貸出しのできる音楽サロン、
ギャラリー、和室も完備されていました。
IMG_0118.JPG
ボランティアの方に案内していただき約1時間。
廊下でぐるりと一周できるようになっていましたが、
かなりの距離を歩いた気がします💦💦💦
後から増築された洋館も合わせて、とても見応えが
ありました。
見学のお客様が他にもたくさんいらしていて、
熱海の観光施設の中でも、人気なのだなあと感じました。



起雲閣を出て、本日のお茶に立ち寄ったのは、
熱海にある海一望のカフェ「花の妖精」さんです。
yjimagedghj;.jpgyjimageN0U8W9YY.jpg

IMG_0129.JPG
お店からは、海が一望でき、窓辺から
下を覗くとクラッとするほどの高さでした
IMG_0126.JPG

さて、小腹も満足したので、マンションに向けて
出発です

行と帰りに伊東の「道の駅」でトイレ休憩を
とりましたが、「幸せの黄色いトイレ」という名前の
綺麗なトイレがありました。
IMG_0081.JPG
中も掃除が行き届いていて気持ち良かったです。
「幸せ」という名前は、それだけで、なんとなく
嬉しい気持ちになります


posted by 伊豆ヘルス・ケア at 18:00| イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする