2017年08月09日

河津七滝見学イベント

8月9日(水)晴れ

晴れましたー
このところ、天気が不安定でしたが、
久しぶりに快晴となりました。
今日はウォーキングイベントです
河津の七滝をウォーキングしながら見学します。

まず、バスでループ橋を上って上流側から出発します。
急な下り階段にビックリしました。長いです💦
IMG_5219.JPG

IMG_5224.JPG
木の階段なので、昨日までの雨で滑らない様に
気を付けて降ります。
IMG_5234.JPG
一つ目の滝「釜滝」のあたりから、階段は少なく
なってきましたが、まだ少し上ったり下りたり、、、ガンバッ!
滝のしぶきが遊歩道まで届くので、気温は高いけど
日陰では少し涼しい気がしました。

岩が蛇のうろこのように見えることから「蛇滝」です。
IMG_5240.JPG
IMG_5238.JPG
遊歩道の途中に橋があったり、展望台もあります。
IMG_5235.JPG
             「河津踊り子滝見橋」
4番目の初景滝では、伊豆の踊子の像があり、
滝をバックに記念撮影ポイントとなっていました。
IMG_5248.JPG
このあたりからいつの間にか、舗装された
歩きやすい道路になります。各所で、無料で
車椅子を貸してくれるので、観光駐車場から
初景滝まで、車椅子で見学に行くことが出来るそうです。

6番目の「出合滝」のあと、昼食をとりました。
七滝観光センター内の「泣かせ隊食堂」❔❔❔
_mg_6988-crop-u10046.jpg
泣きめしセット
s-冷やしとろろそば.jpgs-鮎の塩焼き-crop-u12804.jpg
わさび1本付ざるそば      アユの塩焼き
メニューのほとんどに「わさび」がついていて
「泣かせ」は、わさびによる泣かせの事なんですね💦

そして最後に「大滝」を見学しました。
この大滝だけ、いったん遊歩道から上がり、
別の入口から下って見に行くようになっています。
IMG_5272.JPG
幅7m、落差30mの大滝。
数日前から雨が降っていたため、水量が多く、
しぶきも凄かったです。

暑い中、本当に暑い中、皆さんしっかり歩かれました。
たくさん汗をかいて、気持ちよかったです。
無理をせず、楽しく思い出に残るウォーキングに
なったと思います。お疲れさまでした(^^♪

8月後半には、稲取港から船に乗って、
「挟み石」を見学します。





posted by 伊豆ヘルス・ケア at 17:55| イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

西伊豆・堂ヶ島観光めぐり

7月26日(水)

今日は堂ヶ島クルーズに乗船です!
台風が近づいているせいか小雨が降っていましたが、
乗船可能との事で、元気よく出発
バサラ峠を超える頃には雨も上がり太陽も出て、
絶好のクルージング日和になりました


IMG_5140.JPG
乗船したクルーザーは思ったより小さかったです。
でも、想像していたよりハイスピードでした
IMG_5145.JPG
晴れた日には海に浮かんでいる様に見える
富士山が望めるそうです。
IMG_5172.JPG
西海岸は変化に富んだリアス式海岸のため、小さな
島が入り組んでいます。眺める場所によって島々の様子が
変わるのも見どころとのこと。
3つの島からなる「三四郎島」では、干満の差により
陸と地続きになるトンボロ現象が起き、昔、中ノ島に
隠れ住んだ源氏の武者三四郎が、彼と恋に落ちた小雪と、
引き潮時の数時間会っていたという伝説も残っています。

所要時間約50分の千貫門クルージングは、
行きは海岸線を、帰りには少し沖合を通って港まで戻り、
最後に天然記念物にも指定された洞窟「天窓洞」に入ります。
IMG_5182.JPG
天井に空いた穴から差し込む光で幻想的です。
季節や天気によって海の色が変わるそうなので、
何回乗船しても楽しめそうですね。

舟の発着所のすぐ前にある「魚季亭」−ときていーで、
漁師飯風ぶっかけご飯など、新鮮な海の幸を頂きました。
(昼食)
IMG_5186.JPG

IMG_5185.JPG
暑い日だったので、さっぱりと冷たいお蕎麦も
美味しそうでした。

堂ヶ島マリンをあとにして、次へ向かう途中、
工場で作った鰹節を、直売してくれるところがある
との事でちょっと寄り道♡♡♡
お店の前に人がたくさんいたので、混んでるなーと思ったら、
ずん飯尾さんがテレビのインタビュー撮影をしていました❗❗❗
(静岡第一テレビ)
IMG_5201.JPG
お店の人も出演中だったので、見学しながら
少し待って、鰹節を購入しました。🐟<゜)))彡
ずん飯尾さんは、とても気さくな方で、
撮影が終わってもニコニコとお話してくださったり、
一緒に写真も撮ってくれました。
有難うございました🎶

そして向かったのは「東福寺」というお寺です。
20160829_1826384.jpg
東福寺の本堂の天井には、近在には見られない
漆喰の「五百羅漢」が描かれています。
羅漢とは、仏道の修行者又は悟りを開くために
修行中の修行僧の意だそうです。

IMG_5210.JPG
中央に龍が描かれ、
IMG_5211.JPG
四隅には天女を配し、天上界が表現されているとのこと。

住職さんのお話では、1体1体描いたものを立体的に
貼り付けていき、完成させたものだそうで、
破損させないために、むやみにお掃除ができない
のだそうです💦 光にも弱い為、カメラのフラッシュや
電気もあまり明るくできないので、薄暗い中、本堂の畳に
寝転がってこの「五百羅漢」見上げると本当に圧巻でした。

東福寺では、痴呆にならない様に、ボケ封じ観音や
IMG_5217.JPG
ボケ封じ地蔵があり、お参りも出来ます。
IMG_5218.JPG

その後、お茶をしたり、お土産を購入して
帰路につきました。
峠を越えてのイベントでしたが、途中の山道で牡鹿に
遭遇しビックリしました。
鹿の方でも驚いたようにバスを見ていましたが、
くりっとした大きな目がとっても可愛かったです。

クルージングイベントは、初めての試みでしたが、
とても好評で、楽しかったです。

次回は、河津温泉の七滝を見学しながら歩きます。
天気に恵まれます様に。




posted by 伊豆ヘルス・ケア at 17:28| イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

修善寺 東府や旅館にて 懐石ランチ

7月29日(水)
修善寺にある「東府や旅館」は、奈良時代から続く、
伊豆最古の湯・古奈温泉にある旅館です。
創業400年にもなる大老舗ですが、手入れされた
館内はとてもきれいで落ち着いた雰囲気でした。

ここは、子宝の霊湯としても知られていて、
近くにある「善名寺(子授けのお寺)」とともに
多くの方が子宝祈願に訪れているそうです。
※徳川家康公の側室「お万の方様」もここで御祈願され、
 二人の子供に恵まれたとされています。

さて、本日はそんな歴史ある場所でランチの
懐石料理をいただきました。
IMG_5094.JPG
              東府や旅館「入口」
IMG_5099.JPG
               趣のある建物内

料理は旬の食材を使った昼懐石(要予約)で
味・彩・量ともに、とても好評でした。
IMG_5106.JPGIMG_5107.JPG
IMG_5109.JPGIMG_5110.JPG
季節ごとに変わる今回のメニューは「文月 盛夏の候」
鯵の南蛮漬けや和牛煮込み、里芋饅頭、金目西京焼
いくらや笹麩など、見た目にも爽やかなお料理です。
IMG_5117.JPGIMG_5119.JPG
海老東寺巻きの揚げ物と、ご飯に味噌汁。

そしてデザートは。。。季節の果物の水菓子
IMG_5120.JPG
          ご馳走さまでした

お食事の前後、旅館のお庭を散策することも出来ます。
IMG_5122.JPG
     古奈川のほとりに広がる、風情ある敷地。

IMG_5124.JPG
足湯やベーカリーもあり、レーズンパンやカレーパンが
美味しいと有名だそうです。
img_menu.jpg

――    ――    ――    ――

本日のイベントは、懐石料理の他に、
近くにある「旭滝」という滝見学、
「明徳寺」というトイレの神様が祀られたお寺。
それから帰りのお土産店として「東京ラスク」
に立ち寄りました。

「旭滝」は全長500mで滝そのものが柱状節理
(岩体に入った柱状の割れ目)で出来ています。
p4054_10.jpgp4054_11.jpg
城ケ崎海岸や東尋坊にも柱状節理がありますが、
どちらも海側からしか見ることができません。
ダイナミックなその様を近くで見ることができる旭滝は、
紅葉の時期にもたくさんの見物客が訪れるそうです。

――    ――    ――    ――

IMG_5126.JPG
「明徳寺に」は、トイレの神様が祀られています。
下半身の病気や、下の世話にならない様お参りし、
ご利益を願います。
IMG_5130.JPG
禅寺ではトイレのことを「東司」というそうですが、
東司の守護神とされる「烏枢沙摩明王(うすさま
みょうおう)」を祀っているそうです。
(ちょっと変わったお参りの仕方をします💦)

――    ――    ――    ――

帰り道に「東京ラスク」に立ち寄りお土産を購入。
IMG_5136.JPG
季節限定のレモンラスクなどもありました。
通販も出来るそうです。

以上で本日のイベント終了です(^^♪
お疲れさまでした。





 




posted by 伊豆ヘルス・ケア at 18:02| イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする